男女の脳のちがい

結婚生活をうまくいかせるために必要なのは、相手を理解すること。育った背景が違えば常識も違います。ものごとに対する感じ方や考え方も違うでしょう。それだけでなく、男性と女性とでは脳の構造が違います。そのことを覚えておけば、相手の言動を理解できずに悩んでしまうことや、それによるすれ違いを減らすことができるでしょう。

男性と女性の脳の違いについて少し解説します。個人差があるので参考までに。大きく違っている点として、男性の脳と女性の脳では、右脳と左脳をつなぐ神経が通う脳梁の太さが違います。男性は女性よりも脳梁が細いので、右脳と左脳の情報を分けておきやすくなっています。右脳は感情を司り、左脳は理論を組み立てるのに使われます。よって、男性は感情を挟まずに理論を組み立てて話すことが得意です。一方で、女性は脳梁が太いので、右脳と左脳の情報が相互に通いやすく、事実のみを論理的に話すことよりも、感じたことを表現するのが得意です。この脳の構造の違いが、どのようにすれ違いを起こしてしまうのでしょうか。女性は感情が繊細なので、それを誰かに聞いてほしいと思うことがよくあります。対する男性はそれがよく理解できず、奥さんが困っているから助けてあげようという気持ちから、感情移入より先に解決策を言ってしまう傾向があるかもしれません。そうすると、女性側には「分かってくれない」と、欲求不満だけが残ります。男性は感情移入を心がけましょう。ときには、解決策を探さずに話を聞くだけでいいのです。

逆に男性の場合、会社でのトラブルなどストレスになることが合った場合、一人で静かに考えたい場合が多いです。そこに、帰宅するなり「どうしたの?何かあったの?」としつこく聞かれると「うるさい」と感じてしまうことがあります。こうしてすれ違いが起こるのです。ご主人が話したくなさそうなときは、自分から話すときまでそっとしておいてあげましょう。結婚生活をうまくいかせるためには、お互いを理解し、お互いの立場に立った接し方をすることがカギになります。

Copyright©結婚生活をうまくいかせる方法はある? All Rights Reserved.